[畳 大阪]大阪タタミ)のご相談平野区福田畳店へ。畳(タタミ)に関する素朴な疑問など、お気軽にお問合せ下さい。
[畳 大阪]大阪全域伺います! 大阪平野区 福田畳店 お問合せ 06-6708-3804
ホーム 取り扱い畳 ご挨拶 価格表 畳替えの流れ 店舗概要 お問合せ リンク

畳のダニ・アトピー対策

アトピー
一般的に、畳にはアトピーに悪影響を与える “ ほこり・虫・カビ ” などが集まりやすいと思われていますが、抗菌・防臭・防虫効果のあるシートを、一緒に織り込む等して作られた畳もあり、その他にも、“ ほこり・虫・カビ ”対策を施した様々な商品が開発されています。

例えば、カビやダニの発生を押えるスタイロ床を使用したり、防虫・防カビの処理を施した縁を使用したり、表にはイ草の代わりに、より耐汚染性、防ダニ性、防カビ性などに優れているといわれている“和紙”を使用する等、いろいろな製品を組み合わせることによって、アトピーの原因になる物を減少させることができます。

ダニ
「畳にはダニや他の虫が多そうで嫌だ」と言う話しをよく聞きますが、初めから畳の中にダニや虫が入っている事は少なく、換気の悪い高温多湿な環境によりカビが生え、それをエサにダニや虫が繁殖するケースが多いと思われます。

対策としては、こまめに表の目に沿って掃除機をかけ、適切な換気を行うことでダニの数を格段に減らすことが可能です。

湿気・カビ
湿気が多くなると、カビが発生してしまうのはご存知かと思いますが、近年の住宅は機密性が高く、畳や壁などに湿気が集まりやすいため、とてもカビが発生しやすい環境になっています。
また、冬場などは換気をしないと結露になり、その水分が畳に侵入して、畳の湿気やカビの発生につながります。

部屋は換気を良くして畳の上には、カーペットや上敷を、敷きつめないように注意する必要があります。
なぜなら、畳も“呼吸”をしているからなのです。
ですから、カーペットなどを部屋に敷きつめると、呼吸が出来なくなり、カーペットを取り除いた時、表の表面にカビが発生しているということになります。
また、部屋中にカーペットを敷き詰めると、タンス・机等、大きな家具の下にも敷く事になります。
そうすると、カーペットを取り除いて掃除をしないため
  →畳とカーペットの間に埃が溜まる
  →カビが発生する、ダニも侵入してくる
  →湿気も呼ぶ
といったような悪循環になります。
カーペットや上敷は、部屋よりも、小さい物を選んで敷くようにして下さい。
そうすることで、湿気やカビの発生を低減することができます。

それでもカビやダニが気になるなら、一度畳店にご相談下さい!



畳を新しくしようと思っている方へ

お客様の疑問&質問

簡単お見積もりフォーム

畳のマメ知識
畳に関する事というのは案外知らないことが多くはありませんか?
畳の替えごろは?
畳のささくれや色あせ・・気にはなるけど、替えごろっていうのはあるの??
>>「畳の替えごろ」の答え
畳のお手入れは?
普段のお掃除で畳のお手入れはどのようにしたらいいの??
>>「畳のお手入れ」の答え
畳の用語や畳の構造など、基本的なことをまとめてみました。畳選びの参考にして下さい!
>>「畳の基礎知識」ページへ
 
 
HOME取り扱い畳クロス、襖価格表価格表畳替えの流れ店舗概要お問合せ畳のマメ知識リンク